メしょっプ2(メしょっプ別館)

メしょっプ(https://meshoppu.hatenablog.jp)の別館です

お嬢様は執事目線で

フレームアームズ・ガールにしろメガミデバイスにしろ、美少女プラモだとかギャルプラだなんて呼ばれてるキャラクターモデル組むキッカケって、僕の場合は間違いなく武装神姫で。
そっからレイキャシール行ってメガミ。
武装神姫はフィギュアは勿論、アニメ見て小説も買ってってくらいにはハマってたものの、実は(フィギュアが)展開してた時期の終盤も終盤だったり。
2006年とかまだギリギリ10代やわ大学生やわ、日々色々慌ただしいし照れだの見栄だのあって武装神姫に限らずフィギュアなんてとてもとても。
2010年にアニメ『けいおん!!』にハマらなければ琴吹紬お嬢様に惹かれなければ、もしかしたら今もどうだったか。
気取りやがってってなこと思われるでしょうが僕は琴吹紬というキャラクターを執事目線で見ておりまして、であるからお嬢様だの嬢だの付けるようにしてます。
バブみなんて言葉が当時あったかどうかはともかくそのようなスタンスではなく、といって俺の嫁といったあの頃にはまだ生き残っていたはずのスタンスでもなく。
ただただ見守りたいというね。
そういうスタンスなので、紬お嬢様に対しては。
きんいろモザイク』の九条カレンだとか『アリス・ギア・アイギス』の一条綾香に対しても近しいスタンスではありますが、一々お嬢様だの付けるのは紬お嬢様だけです。
オンリーワンでナンバーワン、この10年不動ですし恐らくはこれからも。
そんな紬お嬢様のフィギュアだとしてもね、普通ならスルーしてたかもなって。
けどあの京都アニメーションさん直々に予約限定販売でフィギュア出しますってなったらね、スルーなど出来るわけがない。
そっからフィギュア買うの全く抵抗なくなって武装神姫にも手を出し、今に至ると。
こういう話は本館でも書いたはずなんですが、ここまでそのまま書いてはなかった気が。
お嬢様云々のくだりは本来なら切るべきですから。